100円玉一つでいろいろな作家の豆本が楽しめる「豆本がちゃぽん」

keroby(Heart Cafe)の作品一覧

作家の手作りですので数に限りがございます。売り切れの際はご容赦ください。
(WebサイトやSNS等で売り切れの告知がなくても、売り切れている場合もあります)
多くのお客様にお楽しみいただきたいので、状況に応じて回数制限があることがあります。ご了承ください。
何が出るかはおたのしみ。中身は選べません。

豆本がちゃぽんTokyo 第28集

期間
東京堂書店→2012年12月5日~12月29日
設置場所
東京堂書店神田神保町店3階
参加作家
五十嵐彪太(瓢箪堂)、おおくぼゆみこ(boccafe)、keroby(Heart Cafe)、茶柱立太(うさぎ御殿)、葉原あきよ(オレンジ宇宙工場)、蓮月堂

豆本がちゃぽんTokyo 第27集

期間
東京堂書店→2012年10月3日~20日、10月27日~28日
有隣堂厚木店→2012年10月5日~12月中旬
設置場所
東京堂書店神田神保町店3階
有隣堂厚木店(地下売場がちゃぽんコーナー)
参加作家
五十嵐彪太(瓢箪堂)、keroby(Heart Cafe)、こがりょうこ、葉原あきよ(オレンジ宇宙工場)、よしのちほ(よしの屋)、蓮月堂

豆本がちゃぽんTokyo 第24集

期間
東京堂書店→2011年12月6日~12月18日
有隣堂厚木店→2011年12月7日~2012年3月20日
設置場所
東京堂書店神田神保町店3階
有隣堂厚木店(地下売場がちゃぽんコーナー)
参加作家
五十嵐彪太(瓢箪堂)、おおくぼゆみこ(boccafe)、keroby(Heart Cafe)、こがりょうこ、葉原あきよ(オレンジ宇宙工場)、蓮月堂

豆本がちゃぽんTokyo 第23集

期間
東京堂書店→2011年10月3日~11月上旬
有隣堂厚木店→2011年10月3日~11月17日
設置場所
東京堂書店神田神保町店3階
有隣堂厚木店(地下売場がちゃぽんコーナー)
参加作家
赤井都(言壺)、五十嵐彪太(瓢箪堂)、keroby(Heart Cafe)、葉原あきよ(オレンジ宇宙工場)

豆本がちゃぽんTokyo 第22集

期間
東京堂書店→2011年6月12日~7月16日
有隣堂厚木店→2011年6月12日~8月28日
設置場所
東京堂書店神田神保町店3階
有隣堂厚木店(地下売場がちゃぽんコーナー)
参加作家
赤井都(言壺)、五十嵐彪太(瓢箪堂)、keroby(Heart Cafe)、こがりょうこ、九十九耕一(つくも堂まめ本舗)

豆本がちゃぽん「てづくり豆本展」出張版

期間
2011年6月7日~13日
(展覧会は15日まで開催)
設置場所
ギャラリー・セル
東京都渋谷区渋谷3-5-5 HAKKAビル4F(渋谷駅東口から徒歩6分)
参加作家
赤井都(言壺)、五十嵐彪太(瓢箪堂)、おおくぼゆみこ(boccafe)、木月禎子(山猫や)、keroby(Heart Cafe)、こがりょうこ、茶柱立太(うさぎ御殿)、九十九耕一(つくも堂まめ本舗)、葉原あきよ(オレンジ宇宙工場)、八嶋浅海(雉虎堂)、よしのちほ(よしの屋)、蓮月堂

豆本がちゃぽん思文閣美術館出張版

期間
2011年3月1日~3月21日
設置場所
思文閣美術館
(京都市左京区田中関田町2-7 思文閣会館内)
参加作家
赤井都(言壺)、五十嵐彪太(瓢箪堂)、おおくぼゆみこ(boccafe)、奈良麻子(ragdoll)、木月禎子(山猫や)、keroby(Heart Cafe)、こがりょうこ、葉原あきよ(オレンジ宇宙工場)、蓮月堂

豆本がちゃぽんTokyo 第20集

期間
東京堂書店→2010年12月13日~2011年1月20日ごろ
東向島珈琲店→2010年12月13日~2011年1月26日
有隣堂厚木店→2010年12月14日~2011年3月1日ごろ
設置場所
東京堂書店ふくろう店
東向島珈琲店
有隣堂厚木店(地下売場がちゃぽんコーナー)
参加作家
赤井都(言壺)、五十嵐彪太(瓢箪堂)、蓮月堂、Keroby(Heart Cafe)、葉原あきよ(オレンジ宇宙工場)

豆本がちゃぽんFukuoka vol.9

期間
2010年9月23日(木)~29日(水)
設置場所
メトロ書店本店
参加作家
五十嵐彪太、卯兎にきあ、おの*しゅうこ、Heart Cafe Keroby、Little hand

豆本がちゃぽんFukuoka vol.8

期間
こまかと屋→2010年9月~(不定期オープン)
ハコニワ→2010年8月21日(土)・22日(日)
設置場所
豆本ショップこまかと屋
モノカフェ ハコニワ
参加作家
五十嵐彪太、おの*しゅうこ、小人堂、どーる・HONOKA、NIKONICO堂、Heart Cafe Keroby、ポラリス、みの梨舎、蓮月堂
ページの先頭へ戻る