100円玉一つでいろいろな作家の豆本が楽しめる「豆本がちゃぽん」

豆本がちゃぽんTokyo 第3集

作家の手作りですので数に限りがございます。売り切れの際はご容赦ください。
(WebサイトやSNS等で売り切れの告知がなくても、売り切れている場合もあります)
多くのお客様にお楽しみいただきたいので、状況に応じて回数制限があることがあります。ご了承ください。
何が出るかはおたのしみ。中身は選べません。

豆本がちゃぽんTokyo 第3集

6作家混合の第3集。

期間
2007年11月23日~2008年5月10日
設置場所
茶房 高円寺書林
販売個数
499球

参加作家と作品の紹介

赤井都(言壺)
『ミニカード』
春らしい淡めの上品なカードです。リボン柄、貝殻柄、レアものデコカード(8つ入っています)。そして切手をそのまま表紙に使った花のカード。誰かに一言メッセージを贈るとき、どうぞ。

五十嵐彪太(瓢箪堂)
『A Book of Nonsense』
エドワード・リアという19世紀のイギリスの詩人が書いたナンセンス詩を訳したもの。表紙は赤系でいろいろ、開けてみれば文章もいろいろ。この小ささで和とじ本。

武田若千(蓮月堂)  【初登場】
『ソラトコレクションブック』
全4種類、透明感のある空の写真が3枚ずつ入っています。タイトルは消しゴムはんこです。折本仕立て、4種類集めてみたくなる。

岡田若菜(バロン堂)
『SOX』
クリスマスのソックス絵本
『眠れない夜のために 1』
読むのではなく「開く」、きまぐれなイラスト集

谷口圭詩(雲泥流)
『虫綴』
蝶のポップアップ。一枚ずつ手切りしているので、蝶のシルエットが一冊ずつ異なり、二つと同じものはない一点もの。

葉原あきよ(オレンジ宇宙工場)
『豆暦2008』
2008年カレンダー。使える紙モノ雑貨です!

フォトギャラリー

第3集第3集

第3集第3集

第3集第3集

第3集第3集

第3集第3集

トピックス

  • 2007年12月16日 BRUTUS(p.123)で豆本がちゃぽんが紹介されました。
  • 2008年1月12日 東京新聞(22面)で豆本がちゃぽん、豆本朗読会にも触れられました。
  • 2008年4月4日 読売新聞(東京面)で豆本がちゃぽんなどが紹介されました。
  • 2008年4月20日 朝日新聞 生活面にがちゃぽん写真がカラーで掲載されました。
ページの先頭へ戻る