トップ豆本がちゃぽんとは > プレスリリース

プレスリリース

豆本がちゃぽんのデータ

豆本のがちゃぽん販売は、2006年7月中目黒『マメBOOKS』展の時に始まり、その後『マメBOOKS』展の開催に合わせて実施されました。

2007年6月より、茶房 高円寺書林に常設。この時から「豆本がちゃぽん」という名前になりました。2008年10月より、東京堂書店に移転しました。

2010年12月(第20集)までで、計約12800球の豆本が落とされ、参加作者は計32人(のべ246人)になります。

取材を希望される方へ

以下の情報もご掲載ください。

東京堂書店本店1階には豆本棚があり、豆本が常時販売されています。

豆本がちゃぽんはカプセル自動販売機を使用しているため、何が出てくるかわかりません。中身を選ぶことはできません。

作家の手作りのため数に限りがあり、売り切れになる場合があります。また、回数制限がある場合があります。